キネティックサンドで遊んでみた。においや成分、保管方法

キネティックサンドまとめ
先日、1歳の娘とキネティックサンドで遊んでみました。

実際に触った感じやにおい、汚れなどはどうなのかを記事にまとめましたので、気になっている方の参考になればと思います☆
正直に、デメリットもいくつか挙げてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

キネティックサンドの感触やにおい

先日沖縄へ帰省した際、祖母が通っているデイサービスの施設でキネティックサンドで遊ばせてもらいました。
テレビで見て「子供が遊ぶもの」だと思っていたのですが、お年寄りの施設でも使われていたとは!

で、実際に触った感触なんですが…本当に不思議!
粘土のような砂で、サラっとしているのに飛び散らない。
文字では伝わりにくいですかね。。動画を見つけたのでご覧ください。

少しだけ独特のにおいがしました。
私はあまり気になりませんでしたが、敏感な方はちょっと嫌かもしれません。
施設で色んな方が触っているせいかな?と思ったんですが、ヘルパーの方は「届いたばかりでまだ皆さんでは遊んでないんですよー」とおっしゃっていました。
なので独特なにおいは元々なんだと思います。

キネティックサンドの対象年齢

3歳以上、という事ですが、もうすぐ2歳になる1歳の娘も楽しく遊べました。
ただ誤飲したりする可能性もあるので、小さい子が遊ぶ際は必ず大人と一緒に!目を離さない!が絶対だと思います。

キネティックサンドの成分

ラングスジャパンという会社が輸入総代理店という事で、サイトで確認してみました。

98%は砂で残り2%は特許技術、だそうです。
ラングスジャパン 公式ホームページ

残り2%が気になるところですが、「隠された特許技術」としか書かれていません。
親としては不安になるところですが、「アメリカ・ヨーロッパでの安全基準合格」という記載もあるので、まぁ安心かな?と。

キネティックサンドの保管方法

遊ばせてもらった施設では、大きなタッパーに入れていました。
遊ぶ時は大きいレジャーシートを机に広げて、キネティックサンドをどさっと置いて、「はい、どうぞー」と、なんともダイナミック(笑)

キネティックサンドはタッパー、レジャーシートはたたんでコンパクトに。
この保管方法いいなーって思いました。
少ない量ならジップロックに入れてもいいかもしれませんね。

キネティックサンドのデメリット

30分ほどじっくり遊んでみて、正直に感じたデメリットを挙げてみます。

・意外と手に付くし散らばる
テレビや雑誌などでは「手につかずに汚れない!」みたいな感じで紹介されていますが、手に付かないわけではなく「手に付きにくい」、っていう感じです。
特に汗ばんだ子供の手には付きやすい(汗)

で、けっこう散らかります。
遊び方にもよると思いますが、細かい塊は気を付けていても床に落ちたり服に付いたり。
砂のように飛散はしませんが、ぽろぽろ落ちてしまうという。。。
私が気付かないうちに娘が踏んでしまっていたようで、歩き回ったところがザラザラしていました(涙)
帰りにせっせとお掃除しましたよー。

こんな感じなので、「全く手に付かない!汚れない!」と思って購入してしまうとがっかりしてしまうかもしれません。

・微妙に独特の臭いがする
最初の方でもちらっと書いたんですが、ほんの少しだけ臭います。
気にならない方は全然問題ないと思いますが、敏感な方は気になってしまうかもしれません。

キネティックサンドまとめ

触ってみた感触やにおい、デメリットを書いてきましたが、「で、実際どうなの?」っていうと…

遊び道具としてはイイ!
クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントなんかにもオススメできる!

っていうのが率直な意見です。

ただ、私はまだ買いません。
というのも、1歳の娘にはまだ早すぎるかなーと。
手にキネティックサンドが付いたまま振り回して床に散らばらせたり、服に拭いたり。。
「対象年齢が3歳以上」というのは、こういう事もあってなのかなと思います。

もうちょっと大きくなったら買ってあげようかなー、って思いました。

・・*~*~*・・

キネティックサンドについて書いてみましたが、参考になりましたでしょうか。
少しでも疑問が解決出来たなら嬉しいです☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です