妊娠初期の茶おり、出血、塊も…。原因と症状

妊娠初期の出血と原因
娘を妊娠中、初期の頃によく出血を経験し怖い思いをしました。
そして今、第二子を妊娠中ですが度々出血があります。

そこで、出血で受診した際に医師から言われた原因と、症状をまとめてみたいと思います。
あくまで「私の場合」という事になりますが、同じように不安になっている方の参考になれば幸いです。
※素人判断はせず、出血があったら必ずかかりつけの産婦人科へ電話してください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

妊娠初期の出血が茶色、赤茶色

私の場合、出血量はさほど多くなく(ナプキン1枚で足りる程度)、お腹の痛みなどもありませんでした。
そういった症状で診察を受けた際、医師から言われた事をまとめてみます。

着床出血

生理予定日の前日から3日ほど、生理の終わりかけのような出血が続きました。
最初は「生理が始まったな」と軽く考えていたんですが、本格的な出血には至らずに出血は止まりました。

「もしかして!?」と思い一週間後に妊娠検査薬を試したところ陽性。
その後病院で「妊娠」と診断を出された際にこの事を話すと、おそらく着床時の出血なので問題ありませんとの事でした。

胎盤が出来上がっていく過程でおこる出血

妊娠初期の茶おり
着床出血がおさまってからしばらくして、また同じような出血が何度かありました。
時期でいうと妊娠6週から9週頃になります。
産婦人科に電話すると受診するように言われ、診察。
エコーで診て頂き、
「子宮内からの出血は見られませんし、赤ちゃんの心拍も確認出来ます。原因は断定できませんが、胎盤を作る過程で出血する事があるのでそれかもしれません。」
と言われました。

「念のため安静にしていた方がいいですが、子宮内からの出血ではないのでそこまで神経質にならず日常生活は普通におくっていいです」
と言われたものの、度々おこる同じような出血で気が滅入っていたのをよく覚えています。

妊娠初期・中期の出血がピンク、鮮血

赤茶色の出血、茶おりがおさまった頃、妊娠10週~12周あたりと、妊娠17週~20週あたりで鮮血やピンクの出血が何度かありました。
一度、親指の頭くらいの血の塊も出た事があって本当に怖かったです。
出血量は少なく痛みもなし。
この時の診察で医師に言われた事は下記になります。

びらん出血

妊娠中は子宮の入り口が充血して柔らかくなっているため、ただれたりめくれたりしやすいそうです。
そうしたただれ、めくれから出血するのをびらん出血というそうで、特に心配ないらないし処置もしなくて大丈夫と言われました。
夫婦生活や激しい運動をしたのでは?と聞かれましたが、全く身に覚えはなく…。
「まぁ、普通に生活していてもびらん出血はおこる事があるので心配いらないです。エコーで診ても子宮内からの出血はありませんし、赤ちゃんは元気です。」
と言われました。

妊娠初期の出血の原因は様々

「妊娠初期の出血はよくある事」とよく聞きますが、やはり原因は様々なのでまずはかかりつけの産婦人科に電話する事をおすすめします。

出血が何度も続くと、その度に電話をするのも申し訳ない気もしますが…私は「そこは赤ちゃんの為!」と割り切って出血の度に電話で指示を仰ぎました。

今はネットでの情報が溢れていて、

「茶色の出血なら大丈夫」
「出血がダラダラ続かなければ問題ない」
「痛みを伴う出血でなければ心配いらない」

といった安易な書き込みも見られますが、そういったものを安心材料とするのは危険だと思います。
必ず産婦人科に連絡しましょう!

・・*~*~*・・

妊娠初期の茶おりや出血、塊が出てしまった際の医師の診断をまとめてみましたが、いかがでしたか?
あくまでも私個人の場合ですが、同じような方の参考になれば幸いです。
しつこいようですがあくまで「参考程度」にし、何かあれば産婦人科へ連絡してくださいね。

妊娠中は不安がつきませんが、気を強く持って頑張りましょう☆
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です