野菜の油通しを家庭で簡単に!レンジで時短、シャキシャキ!

レンジで野菜の油通し
野菜を油通しする事で、色も鮮やかにシャキシャキ美味しく仕上がりますよね。
何より炒めるだけよりヘルシー!…でも家庭だとどうしても面倒。。

そこで、家庭でも簡単に出来る油通しの方法をご紹介します。
少ない油で簡単、時短、後片付けも楽チンの超お手軽な方法です!

スポンサーリンク

野菜の油通しを家庭で簡単に行う方法

【用意する物】

  • 耐熱容器

野菜を洗い、切って耐熱容器に入れます。
野菜の油通しを家庭で簡単に

そこに油を軽く一回したらします。
今回は大きめのパプリカ1個と玉ねぎ1個を使用しました。
これに対して使用した油の量は大さじに軽く1杯程です。

野菜炒めの油通しをレンジで

油が野菜にいきわたるように、まんべんなく混ぜ合わせます。
ざっくりでOKです!
油通しをレンジで

油が野菜に馴染んだら、ふんわりラップをし電子レンジにかけます。
野菜の量とご家庭のレンジによって時間は若干変わりますが、600Wで1~2分です。
野菜がしんなりするまでレンジにかけてしまうと、歯触りが損なわれてしまって美味しくありません。
野菜がほんのり温まった程度で大丈夫です。

こんな感じに彩りも損なわれず、ほんのり透き通った感じになればOK!
レンジで野菜の油通し

後は炒めて仕上げるんですが、すでに油でコーティングされているので、使用する油は少なめで大丈夫です。
野菜にある程度熱が通っているので、もちろん炒める時間も短縮できます!

このレンジで油通しの下ごしらえをする事で、仕上がりが全然違いますし野菜もグンと美味しくなりますよ♪

茄子の油通しもレンジで!

茄子の油通しをレンジで
このレンジで油通しする方法、オススメしたいのが茄子!
茄子は油を吸いやすいので、通常の油通しをするとすごーくカロリーが気になりますよね。
かといって、そのまま炒めると色鮮やかに仕上がらないし、イマイチ美味しくありません…。

しかし、茄子に油をまぶしてレンジにかける事で、彩りも損なわれず油通しをしたような食感で美味しく仕上がります!
特に茄子の皮を油でコーティングしたいので、油をまぶす際に皮に塗る感じで指で馴染ませてください。

茄子の場合はレンジにかける時間を少し長めに取ります。
茄子3本に対して、600Wのレンジで3~4分を目安にしてください☆
これで、少量の油で美味しく茄子が料理できます!
茄子をレンジで油通し
茄子の炒め物やマーボー茄子、茄子のパスタなんかも美味しくヘルシーに仕上がるのでオススメです♪

・・*~*~*・・

野菜の油通しをレンジで行う方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
以前、油と一緒に湯通しするという方法も試してみましたが、私は断然レンジの方が美味しく感じました!

簡単でお手軽なレンジで油通し、是非試してみてください☆
最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です