新入社員 歓迎会のお礼メールの例文!ポイントと書き方

新入社員歓迎会のお礼メール
期待を胸に社会人デビュー!
多くの新入社員の方が、会社で歓迎会を開いてもらうのではないでしょうか。

そこで!歓迎会後に出すべき「お礼メール」の例文をご紹介します。
今後重要となってくる会社でのお付き合いが円滑にいくよう、ポイントを押さえた書き方をしましょう。
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

新入社員 歓迎会のお礼メールの例文

メールの例文を紹介する前にまず大切な事を1つ!
同じ部署の方や席が近い方など、普段から社内で直接顔を合わせる事が多い方には

口頭での直接のお礼

を忘れずに!
特に幹事をしてくれた方には、なるべく翌日の朝一番でお礼を言いましょう。
基本ですが大事なポイントなのでお忘れなく。

では早速、新入社員が出すべき「歓迎会のお礼メール」例文をご紹介します。

部長などの上司へ

歓迎会お礼メール文例
○○部長

おはようございます、△△です。
昨日は歓迎会を開いてくださり、ありがとうございました。

○○部長をはじめ、皆様に温かく迎えて頂き
心より感謝申し上げます。

個別に頂いた激励のお言葉やお話、
本当に嬉しかったです。
部長のおっしゃっていた

「□□□□□□□」

を胸に、身を引き締めて日々の業務に取り組みます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

****************************

個別に話しをしていない場合は、
「部長のお言葉にありました」
などに置き換え、挨拶で話していた言葉やエピソードを書きましょう。

具体的な言葉や内容があると、好感度が上がります!

先輩へ

○○さん(先輩)

おはようございます。
昨日は歓迎会を開いてくださり、ありがとうございました。

先輩方から貴重なお話を聞く事ができ、
改めて身の引き締まる思いがしました。

また、○○の事や○○の事等、
仕事以外のお話も出来て嬉しかったです。

まだまだ半人前の私ですが、○○先輩を見習い
一日も早く仕事を覚えられるよう精進いたします。

今後ともご指導のほど、よろしくお願いします。

****************************

部長や課長などの上司に出すメールに比べて、
この位少しやわらかい文章でOK!

個別に話した事をメールの内容に入れると、
相手にとって印象が良くなります。
話しを流し聞きするのではなく、きちんと聞いておきましょう!

幹事の方へ

○○さん(先輩)

おはようございます。

この度は大変お忙しい中、歓迎会の幹事をつとめて下さり
本当にありがとうございました。

温かく迎えて頂き、感謝で一杯です。

歓迎会では皆さんと交流ができ、
とても充実した時間を過ごす事ができました。
本当に楽しかったです。

また、先輩方から仕事に対する貴重なお話を頂き
新たに身の引き締まる思いがしました。

これから日々精進して参りますので、
今後ともよろしくお願いします。

****************************

歓迎会で職場の方と交流ができた事、とても楽しい時間だった事をアピールすると、幹事の方としては嬉しいものです。

直接幹事の方とお話したりやり取りがあった場合などは、そういった内容もメールに盛り込むといいですね。

・・*~*~*・・

歓迎会のお礼メールの例文・ポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?
好印象を残すには最初が肝心、新人は大変ですが頑張ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です