鯉のぼりや兜はいつからいつまで飾る?時期ってあるの?

鯉のぼりはいつから
5月5日はこどもの日。
端午の節句という事で、鯉のぼりや兜を飾るご家庭も多いのではないでしょうか。

そこで、鯉のぼりや兜はいつからいつまで飾るのかについてご紹介したいと思います。
飾る時期としまう時期、ポイントをまとめましたので、疑問に思っている方はぜひチェックしてください☆

スポンサーリンク

鯉のぼりや兜はいつから飾る?

地域によっては時期にこだわる所もあるようですが、鯉のぼりや兜を飾るのに、いつからいつまでという厳格な決まりはありません。

季節の節目を考え、春分の日が過ぎてから飾るご家庭もあれば、縁起を担いで大安の日を選ぶというご家庭もあります。
どちらが正しいという事はありません。

飾り始めるのがあまり遅くならないように、4月初旬から中旬にかけて飾り終えておくといいですね。

一夜飾りはしない

いつから飾るという決まりはないものの、一般的に直前に飾る「一夜飾り」は縁起が悪いとされています。

5月5日の直前や当日に飾る、といのは避けて、日にちに余裕を持って飾り始めましょう!

鯉のぼりや兜をしまう時期

飾る時期と同様に、鯉のぼりや兜をしまう時期にも厳格な決まりはありません。
5月5日が過ぎたらすぐにしまうご家庭もあれば、5月いっぱいは飾っておくというご家庭もあります。

しかし鯉のぼりは季節感のある外飾りなので、あまり長く飾っておかず5月中旬頃までにしまうといいでしょう。
真偽の程は定かではありませんが、「鯉のぼりを片付けるのが遅いとと出世が遅れる」というジンクスもあるそうです。
(まぁこの辺は、あくまでジンクスなので・笑)

縁起を担いで「しまうのは大安がいいのでは?」という方もいますが、あまり拘らなくても大丈夫です。

カラっと晴れた日にしまうのがベスト!

湿気は大敵なので、鯉のぼりや兜は晴れた日を選んでしまいましょう。
梅雨入り前に片づけた方が安心です。

ホコリを払い落し、カビやシミを防ぐために湿気の少ない場所に保管します。
ビニールに入れ、防虫剤を入れておくといいですね。

兜は一年を通して飾っても良い

兜
鎧や兜は「お子さまの身護る」という意味で飾るので、時期を問わずに一年中飾ってもOKです!
インテリアとして通年飾っておく方も多くいらっしゃいます。

しかし、ケースに入っていない場合は埃をかぶりやすいので、こまめにお手入れするのをお忘れなく。

・・*~*~*・・

鯉のぼりや兜はいつからいつまで飾るのか、についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
少しでも参考になれば幸いです☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です