こどもの日の定番料理って何?食べる意味と由来は?

こどもの日定番料理
5月5日はこどもの日ですね。
楽しくお祝いするご家庭も多いのではないでしょうか♪

そこで!
こどもの日の定番料理と、食べる意味や由来をご紹介します。
こどもの日にちなんだ料理で、お子さんの健やかな成長を願いましょう☆

スポンサーリンク

こどもの日の定番料理と意味・由来

こどもの日の定番料理といえば、ちまきと柏餅。
なんとなく食べていた方も多いと思いますが、それぞれにきちんと意味と由来があるんです。

ちまきと柏餅の意味・由来を知り、お祝いとしてお子さんに食べさせてあげてください☆

ちまきの由来と意味

5月5日にちまきをを食べるのは、元々は古事にまつわる中国の風習です。
災いや病気を除ける意味があり、それが日本に伝わったとされています。

さらに、本来ちまきを結んでいた糸は赤・青・黄・白・黒の五色で、それが鯉のぼりの吹き流しの色に反映されてると言われています。
鯉のぼりのルーツにも、ちまきが関係していたんですね!

こどもの日にはぜひちまきを食べて、邪気を払い無病息災を祈りましょう!

最近では、笹の葉で巻いた細いお餅のちまきではなく、もち米で作った中華ちまきを食べるご家庭も増えています。
こどもの日の定番料理
お子さんがお餅が苦手だったり、食事のメニューとしてちまきを出したい場合は中華ちまきでもOK!
大切なのは「気持ち」です☆

柏餅の由来と意味

柏餅の意味由来
柏餅を包んでいるのは、その名の通り柏(かしわ)という植物の葉です。
柏は新しい芽が出て育つまで、古い葉が落ちる事がありません。

それが「子供が成長するまで親は死なない」というのに結びつき、

  • 子孫繁栄
  • 跡継ぎが絶えない

という縁起を担ぐようになりました。
新芽を「子」に、古い葉を「親」に例えた縁起のいい食べ物なんです。

こどもの日に食べる柏餅、意味を知るとありがたみを感じますね!

こどもの日の料理はこいのぼりと兜をモチーフに!

最近ではこどもの日の定番料理として、こいのぼりや兜をモチーフにしたアレンジ料理を作るご家庭が増えています。

私の友人も、こどもの日に兜の形のハンバーグと、こいのぼりのロールケーキを作っていました☆

こどもの日が近付くと、市販の物もよく目にしますよね。

手作りする場合は、市販のロールケーキやスイスロール(安くてお手軽♪)に、チョコペンで目やウロコを書くだけで完成!
苺のスライスやその他のフルーツを、ウロコに見立ててペタペタ貼っていくだけでも可愛くなりますよ☆

別の友人は、こいのぼりのいなり寿司を作っていました!
すごく可愛かったです♪
クックパッドに似たようなレシピがありましたので、載せておきますね。

こどもの日に♪こいのぼりのいなり寿司

今年のこどもの日は、兜やこいのぼりをモチーフにした料理で食卓を華やかに彩ってみてはいかがでしょうか♪

娘が喜びそうなので、私もぜひ作りたいと思います☆

・・*~*~*・・

楽しいこどもの日になりますように♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です