5月の誕生石と意味。翡翠、エメラルド、アベンチュリンを解説!

5月の誕生石と意味
5月には誕生石が3つあります。
それぞれどういう石なのか、どんな意味を持つのかをまとめました。

5月生まれの方へのプレゼントや、ご自身で身に付ける知識として参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

5月の誕生石と意味

5月の誕生石は以下の3つです。

  • 翡翠(ヒスイ)
  • エメラルド
  • アベンチュリン

どれも美しく、とても素敵な天然石です。
どういう石で、どんな意味・効果があるのか、順にご紹介していきますね。

翡翠(ヒスイ)の意味と効果

【石言葉】
安定・知恵・長寿・幸福
など

翡翠(ヒスイ)は古来から「奇跡の石」と呼ばれています。
魔除け・護符として珍重されてきました。
また、「仁・義・礼・智・信」の五徳を高め、人徳を与える効果があると言われています。

災いから身を守り、人徳を得られる…という事から、ビジネスを成功させるお守りとして大変人気があります。
誕生石としてだけでなく、事業で独立される方や新たなビジネスを展開する方などにオススメです。

エメラルドの意味と効果

【石言葉】
愛・幸福・希望
など

和名では翠玉(すいぎょく)、緑玉(りょくぎょく)と呼ばれ、その名の通り美しい緑色が象徴です。

「愛」のパワーを持つ石とされていて、恋愛成就や結婚運、家庭運を上げる効果があると言われています。
また、浮気を防ぐお守りとしてパワーを持つとされ、浮気防止として身に付ける方もいます。

誕生石として愛用される他、幸せな結婚をしたい方や恋愛を成就させたい方、夫婦・家族の絆を高めたい方にオススメです。

アベンチュリンの意味と効果

【石言葉】
安眠・沈着
など

インドが主要産地で、とても美しい緑色を持つ石です。
翡翠の代用とされていた事から「インド翡翠」と呼ばれることがあります。

「癒しの石」「リラックスの石」とされ、柔らかなパワーを持ち、ストレスや疲れを癒す効果があると言われています。
自律神経を整えてイライラを抑え、集中力を高めるのにも効果的だと言われます。

5月の誕生石として身に付ける他、心身を浄化するお守りとして、疲れ気味の方、ストレスに悩む方、人間関係を円滑にしたい方、穏やか日常を過ごしたい方などにもオススメの石です。

・・*~*~*・・

5月の誕生石と、意味・効果をそれぞれご紹介しましたが、いかがでしたか?
見た目の美しさだけでなく、石の持つ意味やパワーで身に付ける石を選ぶと気分も違ってきますよね。

誕生石のパワーが得られますように☆
最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です