日焼け止めと下地は両方塗る?順番は?プロの回答はコレ!

日焼け止め下地両方
暖かくなってくると、気になるのが紫外線!
シミとか怖いですよね…嫌だ嫌だ…。
で、ふと疑問に思ったのが

「日焼け止めと下地は両方塗るのがいいの?」

という事。
今までは何も考えず、下地にもなる日焼け止めを使用していた私。
ここはプロに聞いてみよう!という事で、デパートの化粧品売り場の美容部員さん&美容室のメイクさんにアドバイスをもらったのでシェアしたいと思います☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

日焼け止めと下地は両方塗る?

「日焼け止めと下地、両方塗る必要がありますか?」
という質問に対して、美容部員さん・メイクさん共に

「分けて両方塗るのが理想だけど、どちらか1つでも大丈夫」

との回答でした!
高SPF&PAの化粧下地」か、「下地効果のある日焼け止め」のどちらかを選んでOKだそうです。
また、ファンデーションや仕上げのパウダーも「日焼け止め効果があるもの」を選ぶといいというアドバイスがありました。

話しを聞いたメイクさんは、
「私自身は、日焼け止めをしっかり塗った後に、高SPF&PAのBBクリームを塗ってるよ」
と言っていました。

というわけで

  • 高SPF&PAの化粧下地
  • 下地効果のある日焼け止め

のどちらかでOKとの事なので、お手軽&時短で済ませたい場合は1つにしてしまうのもアリですね☆

日焼け止めと下地の順番は?どっちが先?

日焼け止めと下地の順番
では、日焼け止めと下地を分けて使用する場合…順番はどっちが先なんでしょう?
メイクさん・美容部員さん曰く、意外と間違えている方が多いそうですよ!
正しい塗り方は

日焼け止め→下地

だそうです。
化粧水などでしっかり肌ケアをした後に日焼け止めを塗り、日焼け止めが肌に馴染んだら下地を塗る、という手順を踏みましょう。
この時、パパっと塗ってすぐに上から重ね塗り…というやり方をすると、白いカスが出てくる事があるので注意!との事。
(私…経験あります・汗)

肌ケア、日焼け止め、下地をそれぞれきちんと浸透させて、肌に密着させてから重ねていくのがポイントだというアドバイスがありました。

下地や日焼け止めの塗り直し方。メイクしている場合は?

下地日焼け止め塗り直し
雑誌やTVの日焼け止めの特集でよく目にするのが、

「日焼け止めは2・3時間おきには塗り直すのが必要」

というフレーズ…。
とはいえ、そんな頻繁に塗り直してる時間はない!という方がほとんどだと思います。
時間があったとしても面倒ですよね(汗)
しかし、今回話を聞いたメイクさん&美容部員さん共に

「お肌を絶対に焼きたくないなら、日焼け止めや日焼け止め効果のある下地は2・3時間おきに塗り直してください」

との事…。
というわけで、メイクをしている場合の日焼け止め・下地の塗り直し方を教わりました。
また、時間がない時の対処法も教わったので、順にご紹介していきますね☆

下地や日焼け止めの塗り直し方法

手順としては下記になります。

  1. コットンに乳液を馴染ませて、アイメイク以外をメイクオフする
  2. アイメイク以外の場所に日焼け止め・下地を塗る
  3. ファンデーションを塗る
  4. パウダーで仕上げる

乳液でメイクオフする事によって、同時に肌も保湿されるので効率的なんだそうです。
また、よれたファンデーションもキレイに直せるので、日焼け止めの効果&化粧直しの両方が出来る一番効率がいい方法だというお話でした。

「アイメイクをしない分、慣れると10分くらいでササっと出来ますよー」
と言っていたので、外での仕事やレジャーの際は、この方法での塗り直しをオススメします☆
私も実践しなければ!

時間がない時の日焼け止めの重ね塗り

どうしても時間がない時は、下記手順がオススメとの事です。

  1. 汗やよれたファンデーションをティッシュオフ
  2. UV効果のあるフェイスパウダーをはたく
  3. スプレータイプの日焼け止めで仕上げる

しかし、フェイスパウダーやスプレータイプの日焼け止めは、落ちやすくあくまで一時的なものだと考えた方がいいそうです。
ちょっとした短時間の外出ならOKとの事なので、お昼休みや子供の送り迎えなどは、この方法で対処してもいいのではないでしょうか♪

・・*~*~*・・

日焼け止めと下地ついて、メイクさんと美容部員さんのアドバイスをご紹介しましたがいかがでしたか?
少しでも参考になれば幸いです☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です