体の日焼け止めの落とし方!正しいクレンジング方法はコレ!

体の日焼け止めの落とし方
紫外線をカットしてくれる日焼け止め。
顔だけでなく、体に塗った日焼け止めもきちんと落とす事が大事です!

そこで、体の日焼け止めの落とし方・クレンジング方法をご紹介します。
落とし切れていないと肌トラブルの原因になる事もあるので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

体の日焼け止めの落とし方

まず確かめてほしいのは、使用している日焼け止めが「専用のクレンジングが必要かどうか」という事です。
日焼け止め本体の裏やパッケージに記載されている事が多いので、確認してみてください。

専用のクレンジングが必要な場合

顔だけでなく、体の日焼け止めを落とす際にも専用のクレンジングが必要になります。
ボディソープで体を洗う前に、専用クレンジングで日焼け止めを落としましょう!

UV効果の高い日焼け止めの落とし方

SPF値が高い日焼け止めや、ウォータープルーフの日焼け止めは、お手持ちのクレンジング剤で落としましょう!
顔に使うメイク落としでOKです。

「普段メイク落としに使用しているクレンジングだと、コスパがかかりすぎる!」
という場合は、安いクレンジング剤を体用に購入するのをオススメします。
ドラッグストアなどで数百円で手に入りますよね☆

また、安価で手に入る体専用の日焼け止めクレンジングもあります。

クレジングですっきり日焼け止めを落とした後、通常通りボディソープで体を洗ってください。

UV効果の低い日焼け止めの落とし方

SPF値が低く、「石鹸で落ちます」という表示のある日焼け止めなら、基本ボディソープで洗い流すだけで落ちます。
ボディソープをしっかり泡立てて、日焼け止めをさっぱり洗い流しましょう。

洗い終わった後、日焼け止めの臭いがしないか、肌にぬめりが残っていないかを確かめてみてください。
落とし切れていないようなら、お手持ちのクレンジング剤を馴染ませて再度洗い流しましょう!

体の日焼け止め落としに使えるアイテム

体の日焼け止めを落とすのに、便利なアイテムをご紹介します☆

拭き取りタイプのメイク落とし

メイク落としをコットンに馴染ませて拭き取れば、体に塗った日焼け止めを落とす事ができます。
落とし忘れがないようまんべんなく拭き取った後、ボディソープで洗ってください。

メイク落としシート

予めクレンジング剤が含まれたシートタイプのメイク落としであれば、拭くだけで手軽に体に塗った日焼け止めが落とせます。

私は汗をかいた後に日焼け止めを塗り直したい場合、一度メイク落としシートで日焼け止めを拭き取ってから塗り直しをしています。
普通に重ね塗りするよりも、ベタついた肌がさっぱりするのでオススメです☆

クレンジングソープ

メイクも落とせるクレンジングソープなら、通常通り体を洗うだけで日焼け止めもさっぱり落とす事ができます。
多少コスパがかかりますが、「面倒だから一度に落としたい!」という方にはオススメです。

体の日焼け止めを落とす時の注意点

体の日焼け止めを落とす
【ゴシゴシこすらない】
日焼け止めは肌に負担をかけています。
負担のかかった肌をゴシゴシこするのはNG!

日焼け止めをしっかり落とそうとつい力を入れて洗いがちですが、お肌はデリケートになっています。
ボディソープや石鹸をしっかり泡立てて、こすらないように優しく洗ってください。

【洗った後にチェック】

日焼け止めがしっかり落ちているか、体を洗った後にチェックするのも重要です。
落とし切れていないと日焼け止めの臭いが肌に残っていたり、ぬるつきやツッパリ感があります。
きちんと落とし切れているか、最終チェックもお忘れなく!

・・*~*~*・・

体の日焼け止めの落とし方・クレンジング方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
お肌の為にしっかりと日焼け止めを落とし切りましょう☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です