紫外線の室内対策!窓際ではどうする?日焼け止めは必要?

紫外線の室内対策
一年中降り注ぐ紫外線。
屋外での紫外線対策はしっかりしていても、室内ではあまり気にしない方が多いようです。

そこで、紫外線の室内での対策にいてご紹介したいと思います。
なんとなく気になってはいたけど特に何もしていない…という方はぜひ目を通してみてください。

天窓のあるお宅や、オフィスのデスクが窓際、という方は特に要チェックです!

スポンサーリンク

紫外線は室内でも対策が必要!

室内だと、紫外線に対して特に何も考えず過ごす方も多いと思いますが…

紫外線対策は室内でも必須です!!!

確かに屋外に比べ紫外線を浴びる量は少なくなりますが、紫外線は室内にも入ってきています。
窓際はもちろんの事、日が当らない窓から距離がある場所へも、拡散・反射をして紫外線は入ってきてしまうんです。

紫外線が室内に入る量は、屋外に比べて窓際で約80%、その他日の当らない場所でも10~30%と言われているのでやはり注意が必要です。
天窓があるお宅や窓が大きめのお宅、窓の数が多い場合などは特に気を付けた方がいいという事になります。

室内だからと油断せず、しっかり紫外線対策をしましょう。

窓際の紫外線対策で日焼けを防ぐ!

室内で最も紫外線が入る窓際での対策は、主に2つあります。

  • 窓ガラスにUV対策をする
  • UV加工のカーテンを使用する

紫外線は通常の窓ガラスだと通過して室内に侵入してしまいますが、UVカットの窓ガラスを使用したり、UVカットフィルムを貼る事によってそれを防ぐ事ができます。

窓ガラスを変えるとなると費用もかさみますし大変ですが、UVカットフィルムならご自身で貼る事が出来るのでお手軽です。

またUV加工のカーテンもオススめです。

1級遮光のカーテンだと、紫外線のカット率が高く、断熱・遮音効果もあるので、我が家でも愛用しています。

本当に遮光率が高く満足していますが…昼間カーテンを締め切るのは少し圧迫感がありますよね。
そこで我が家ではミラーレースカーテンと併せて使用しています。

ミラーレースカーテンなら、部屋がほどよい明るさでありながら、紫外線を大幅にカットしてくれます。
また、昼・夜共に、外から部屋の様子がわからなくなるよう目隠し効果のある物もあります。

日差しがとても強い日は1級遮光のカーテンで紫外線をカットし、来客時などは部屋の雰囲気が重くならないようミラーレースカーテンを使用する、という風に使い分ける事ができるので重宝しています。

紫外線は室内でも日焼け止めを塗って対策を!

天窓があるお宅や、オフィスのデスクが窓際の場合などは、室内でも日焼け止めを塗って紫外線対策をするのがオススメです。

特にオフィスの場合、窓が大きい事が多く、ビルの壁や路面の反射によって室内に侵入してくる紫外線の量が多いと言われています。
オフィスだと個人の判断でブラインドを閉めたりするのは難しいですよね。
日焼け止めをメイク前に塗るか、UVカット効果のある化粧品を使用して、しっかり紫外線対策をしてください。

日中ご自宅で過ごす時間が長い方は、日焼け止めでお肌に負担をかけたくないという方も多いと思います。
しかし洗濯物を干したり、窓拭きをするだけでも紫外線を浴びてしまいます。

そこでオススメなのが、ノンケミカルの日焼け止めです。
紫外線吸収剤不使用の日焼け止めであれば、お肌への負担が少なく、敏感肌の方も多く使用しています。

また、ベビー用の日焼け止めもオススメです。
赤ちゃんが使用できる程優しい成分で、石鹸で簡単に落とす事ができます。

SPFとPAの値が低く効果が心配かと思いますが、室内での紫外線対策としては問題ありません。
汗をかいたり顔を拭くなどした場合は、こまめに塗り直してくださいね。

・・*~*~*・・

紫外線の室内対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
油断せずにしっかり紫外線予防を心がけて、お肌を守りましょう☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です