隅田川花火大会のデートの注意点!押さえるべきポイント!!

隅田川花火大会
約100万人が参加する大イベント、隅田川花火大会。
会場だけでなく、その周辺や駅も大混雑します。

そこで!
隅田川花火大会のデートを考えている方へ、注意点と押さえるべきポイントをご紹介したいと思います。

無計画で隅田川花火大会に参加すると悲惨な目に合いかねません(汗)
デートなら尚更なので、ぜひチェックしておいてください☆

スポンサーリンク

隅田川花火大会のデートの注意点

まず、隅田川花火大会の

無計画・ノープランでのデートは絶対に避ける

というのを頭に入れておいて下さい。
ゆっくり花火を鑑賞できないのはモチロン、人の流れのままに歩かされ、ゆっくり立ち止まる事も出来ない…という状況になりかねません。
次の事をしっかり事前決めておくのがポイントです。

  • 混雑を避けた待ち合わせの時間と場所を決める
  • 花火を鑑賞する会場・場所を決める
  • 混雑を避けた帰りの時間とルートを決める

細かく挙げるとまだまだありますが、大きなポイントは上記3つです。
では順に見ていきましょう!

隅田川花火大会の待ち合わせ場所と時間

隅田川花火大会の待ち合わせ場所
隅田川花火大会の当日、会場付近で夕方に待ち合わせすると当然混雑に巻き込まれます
駅の改札前や駅出口なら尚更です。

出来れば早めの時間に待ち合わせをしましょう!
待ち合わせ場所は「どこで花火を鑑賞するか」にもよりますが、3時~4時であればどこで待ち合わせをしても混雑に巻き込まれる事もないのでオススメです。

花火が打ちあがるまで時間がありますが、会場近くを散策したり屋台での食べ歩きを楽しんでください。
この時、花火観賞時の食べ物・飲み物の事前確保もお忘れなく。
花火打ち上げの時間が近付くと、買い物やちょっとした移動にも苦労するので事前に用意した方が無難です。

隅田川花火大会をどこで見るのか

花火をどこで見るかですが、今回はあくまで「隅田川花火大会に参加するという形でのデート」という事で場所を紹介させてもらいますね。
とりあえず見れればいいというだけなら、新宿の都庁からでも見えますので…。

まず会場ですが、隅田川花火大会には「第一会場」と「第二会場」があります。
この会場の違いはコチラの記事を参考にしてください。

デートにオススメなのは、混雑が比較的避けられる第二会場です。
駅でいうと、蔵前駅(浅草線・大江戸線)周辺です。

とはいっても、第二会場も歩行者天国になった瞬間に場所取りが始まりあっという間にシートで埋まってしまいます。
しかも確保した場所から確実に花火が見えるわけではないので、その場合は皆さん少しずつ移動しながらそれぞれの場所を確保しています。

どうしても座ってみたい!という方はシート持参で場所取りをするか、事前に席を予約(隅田川花火大会市民協賛席)するか、のどちらかです。
席の予約についてはコチラの記事を参考にしてください。
隅田川花火大会の席の予約方法

個人的には、第二会場の歩行者天国になる江戸通り・春日通りを歩きながら、花火が見える場所でゆっくり立ち止まって見る、というデートもいいなーと思います。

隅田川花火大会の混雑は帰りが最もピーク!

隅田川花火大会帰り駅
隅田川花火大会は、行きは混雑を避ける方が比較的多いので人も分散されるのですが…帰りはとんでもない混雑状況です。
駅には入場規制がかかるほど。

どのルートでどの時間に帰るのか、きちんと決めておきましょう!

よろしければコチラの記事を参考にしてください。
帰りにオススメの駅と、混雑回避の方法をまとめてあります。

「とりあえず、花火を鑑賞した場所から近い駅を使えばいい」
と軽い考えでいると、とんでもない待ち時間になってしまった!とうい事になりかねません。
デートの雰囲気も台無しになってしまいます…(泣)

・・*~*~*・・

隅田川花火大会のデートの注意点と、押さえるべきポイントについてご紹介しましたがいかがでしたか?
大混雑する隅田川花火大会ですが、事前計画をしっかり立ててデートを楽しんでください☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です