明るい白髪染めをしてきました♪写真で見比べてください

「明るいカラーは白髪染めでは無理です」
美容室でさらっと言われて

Σ( ̄ロ ̄lll)

てなった方、多いのではないでしょうか。私も経験済みなんですが。。
で、最近美容室でカラーをしてきたんですが、今までで一番満足する出来に仕上がりました!白髪がしっかり染まって、かつ全体的に明るくする事ができたんです。
その仕上がりと染めてもらった手順をご紹介したいと思います。
私と同じように「白髪をしっかり染めつつ明るくしたい!」っていう方の参考になれば幸いです♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

白髪率10%以下を明るく染めるには

担当してもらった美容師さん曰く、「白髪が多いほど、明るくするのは簡単。」との事。黒髪が多いほど、白髪をしっかり染めつつ明るくするのは難しいそうです。私は黒髪がほとんどで白髪はちらほら、っていう状態でした。こんな感じ。

白髪染め

ぱっと見だと、全然白髪はわからないんですけど…

白髪生え際

かき上げるとどうしても生え際あたりが目立ってしまってたんですよね(泣)白髪は全体の10%以下ですが、やっぱり気になる!
そこで美容師さんから「根本は白髪がしっかり染まる暗い色で、表面は明るい色を入れましょう!」と提案されました。表面に明るい色を入れるだけで全体的に明るく見えるし、中の白髪はしっかり染めるので目立たなくなりますよ、との事。
「じゃあそれでお願いします」と、そのやり方で施術してもらいました。

明るい白髪染め、仕上がりに満足♪

仕上がりはこんな感じに。

明るい白髪染め

全体的に明るい色で満足!部屋の中で撮影したのでちょっと暗めに映ってますが、実際はもう1トーンくらい明るいです。

かき上げるとこんな感じに。

白髪生え際

白髪っぽく見えてるのは光の具合で、実際はバッチリ染まってます。かき上げても生え際OK!!白髪が薄くそまっていることもなく満足の仕上がりとなりました。

白髪を明るく染めるには、何よりカウンセリングが大事

今回のやり方以外でも、白髪の割合や髪質によって他にも方法はありますよ、と美容師さんがおっしゃってました。やっぱり、カウンセリングの時点でしっかりと話合ってどうするか決めるのが大事です。
私、今まで「色味を暗くしても白髪をしっかり染める」もしくは「全体的に明るくして、白髪はぼかす程度」のどちらかの提案しかされず、自分からもっとこうしたい!とか言わなかったんですよね。。で、仕上がりにあまり満足せず、みたいな。
実際に美容師さんとのカウンセリングでうまく伝えるのって難しいし、言い辛かったりもするので、そういう場合は事前に美容室のホームページからメールで問い合わせるか、電話で予約入れる時点で「こうしたいけど出来ますか?」ってハッキリ聞いちゃった方がいいと思います。

まとめ

明るい白髪染めは無理、っていうのは、「その美容師さんの技術じゃ無理」なだけです。カウンセリング、もしくは事前の美容室への問い合わせで「出来るか出来ないか」をしっかり聞きましょー!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です