沖縄県民が大好きな、本土では珍しい沖縄料理はコレ!

ゴーヤーチャンプルーに海ブドウ、ポークたまごetc…沖縄料理は本土でもすごく人気ですよね。しかーーーし!本土ではあまり知られていないローカルフードがまだまだあるんです♪
今回は、「沖縄では定番だけど、本土ではあまり知られていない沖縄料理」をご紹介します。旅行の際にぜひ食べてみてください♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

てんぷら

てんぷら
沖縄のてんぷらは衣が分厚く、おやつ感覚でよく食べられています。本土のように上品な料理ではなく、庶民の味。天つゆでは食べずにウスターソースで食べるか、何もつけずにそのまま頂きます。魚・イカ・野菜・もずく・アーサetc…と種類も豊富で、値段も1つ40円~80円程度とお手頃です♪
専門のてんぷら屋さんをはじめ、スーパーや商店のお惣菜コーナーで購入する事ができます。

麩チャンプルー

麩チャンプルー
沖縄では麩を炒めて食べます。車麩とよばれる大きな麩を卵でくるみ、野菜と炒めた料理が麩チャンプルーです。家庭でよく食べられていますし、食堂でも定番のメニューです。

イカ墨汁

イカ墨汁
白イカの墨で作る、名前の通り真っ黒な汁です。イカをはじめ、こんにゃくや豚肉等の具を、かつおだしとイカ墨で煮た料理。お汁にコクがあって本当においしい!
沖縄では「下ぎ薬(サギグスイ)」と呼ばれ、体の老廃物を出したり、便通を良くすると言われています。また産後の回復にもイイ!とされていて、私も里帰り出産した時に、オバーによく食べさせられました(笑)

ゆし豆腐

ゆし豆腐
本土の豆腐に比べ、固くずっしりと重い「島豆腐」は有名ですよね。その島豆腐を固める手前の、豆乳ににがりを加えただけの豆腐が「ゆし豆腐」です。
沖縄の食堂では「ゆし豆腐そば」や、ゆし豆腐をお汁にした「ゆし豆腐定食」がメニューでよく見られます。もちろん、家庭でもよく食べられていますよ♪

へちまの味噌炒め

ヘチマ
沖縄ではへちまを食べるんです!子供の頃、「本土ではへちまを食べない」と知った時はかなり衝撃的でした(笑)
トロっとした食感がたまらなく美味しいです!沖縄へ行かれた際はぜひ食べてみてください。

ヤギ料理

ヤギ刺し
ちょっと抵抗があるかもしれませんね…ヤギ…。これは沖縄県民でも好き・嫌いがはっきり分かれる料理です(笑)ヤギ汁、ヤギ刺し、チーイリチー(ヤギの血の炒め物)が代表的なメニューで、ヤギ料理専門店で食べる事ができます。
ヤギ刺しは居酒屋のメニューに載ってることも多いので、「専門店に行くほど食べたいわけじゃないけど興味がある」っていう方は、居酒屋に行かれたらメニューにないか探してみてください♪ヤギ刺しは臭みもなく食べやすくて美味しいですよ!ヤギ汁は…衝撃的なので、初トライの際は覚悟が必要です(笑)

→ヤギ汁についての記事はこちら

アバサー汁

アバサー汁
アバサー=ハリセンボンです。本土ではハリセンボン食べないんですね…へちまと同じくらい衝撃でした(笑)
ハリセンボンはフグと違って調理に免許が必要ないので、市場ではおじちゃん&おばちゃんがチャチャっとさばいて売っています。から揚げでも食べますが、味噌汁に入れて「アバサー汁」として食べるのが主流です。
高級食材なので、郷土料理店や食堂で食べると一杯で千円はしますが、お汁にコクがあって本当に美味しい♪アバサーの身もフグに似ていて美味です!

まとめ

本土ではあまり知られていない沖縄料理、ヤギ汁以外は万人受けする美味しさだと思うので(個人的意見)、ぜひお試しくださーい!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です