赤ちゃんの夏の汗対策!エアコンは?お出かけの時は?

赤ちゃんの夏の汗対策
汗っかきの赤ちゃん。
夏になると気なるのが汗対策ですよね。
私自身、第1子と過ごす初めての夏はわからない事だらけで色々と苦労しました。。

そこで今回は、助産師さんや先輩ママさんのアドバイスを受けて、私が実践して有効だった

赤ちゃんの夏の汗対策

についてご紹介したいと思います。
しっかり汗対策をして、赤ちゃんを快適に過ごさせてあげましょう☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

赤ちゃんの夏の汗対策!

赤ちゃんはとにかく汗っかきです。
授乳やミルクの時も汗をかきますし、寝てるだけでも「お風呂上がり!?」というくらい汗をかきます。
そこで大事なのが

赤ちゃんに汗をかかせっぱなしにしない

事です!
赤ちゃんが汗をかいたまま放っておくと、冷えて風邪をひいたりあせもなどの肌トラブルにつながります。

赤ちゃんが汗をかいたら、こまめに拭いてあげたり汗で濡れた衣類を着替えさせてあげてください。

赤ちゃんの夏服と肌着

夏の赤ちゃんに着せるの服や肌着は

  • 通気性がいい素材
  • 汗をよく吸う素材

を選んで着せてあげましょう。

また暑いからといってノースリーブだけ着せるのはNGです。
娘が皮膚科を受診した際に医師から言われたのですが、

「袖なしの物よりも、脇の汗・腕の内側の汗を吸い取る袖付きのものがオススメです」

という事でした。
確かに…汗を吸い取れないままだと蒸れてしまいますよね。
これは助産師さんからも同じアドバイスがありました。

出来るだけ涼しく快適に、かつしっかり汗を吸い取ってくれる服装を心がけてあげましょう!

赤ちゃんの汗対策 授乳・抱っこの時は?

泣いている赤ちゃんをあやしたり、寝かしつけ、授乳の際は抱っこの時間が長くなります。
そんな時も赤ちゃんは汗でぐっしょり!

暑い夏は、予めガーゼなど汗を吸いやすい素材のタオルを腕にかけてから抱っこすると、赤ちゃんの汗を吸い取ってくれます。
また、専用の授乳アームカバーを使用するのもオススメです。

赤ちゃんの夏の寝汗対策

赤ちゃんの寝汗はすごいので、夏は特に気を付けてあげましょう。
夏場、娘が寝る時に重宝したのが汗取りパットです。

起きている時は自分で抜いてしまってあまり使えなかったのですが、夜寝る時やお昼寝の際はよく使用していました。
多少の汗ならパットを取りかえるだけでお着替え不要なので、とても楽でしたよ☆

また、ひんやりする敷きパッドもオススメです。

私は大人用の物が自宅にあったので、娘をそれに寝かせていました。
全く汗をかかずに寝るわけではありませんが、コロコロ寝返りを打って気持ち良さそうにしていたので快適だったんだと思います☆

赤ちゃんの夏の汗対策でエアコンはどう使う?

おばあちゃん世代は「赤ちゃんにエアコンは良くない!」と言う方が多いですが、むしろエアコンは上手に使うべきだと思います。

私が助産師さんにもらったアドバイスは
「大人がもうちょっと温度を下げてもいいかな?と思う温度設定で」
との事でした。

目安としては26~28℃。
ただ湿度が高い場合、この温度設定だと不快に感じる事もあります。
そんな時は除湿機能を上手く使って調整してあげましょう。

また、扇風機とエアコンの併用もオススメです。
私は少し冷えが弱いかな?という時は、エアコンの温度は下げずに扇風機で空気を循環させていました。
ほどよく冷えて快適に過ごせますよ☆

赤ちゃんの夏の汗対策はお出かけの時も気を付けて!

夏のベビーカー暑さ対策
暑い夏、赤ちゃんとのお出かけは汗・暑さとの戦いです!
汗対策・暑さ対策のグッズを上手に利用して、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

下記の記事に、お出かけ時の汗対策・暑さ対策をそれぞれ詳しくまとめてあります。
よろしければチェックしてみてください。

夏の抱っこ紐は暑さ対策を!日よけや服装はこれでOK

夏のベビーカーは暑さ対策を!保冷剤やシートの活用法

どんなに気を付けても、夏のお出かけで赤ちゃんは汗をかきます。
少し多めに着替えを持っていると安心ですよ☆

・・*~*~*・・

赤ちゃんの夏の汗対策をご紹介しましたが、いかがでしたか?
少しでも参考になりましたら幸いです☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です