それって花粉症の症状では!?風邪との違いはズバリこれ!

花粉症と風邪の違い
最近くしゃみが止まらなくなってしまって、いつもの風邪とは何か違う…。

これってもしかして花粉症!?

一度発症すると、その後もその季節になるとずっと発症してしまう花粉症。
本当に花粉症になってしまったのかどうか心配な方のために、その症状や風邪との違いをまとめました。

耳鼻科を受診した際、医師からのアドバイスをもらったので、ぜひチェックしてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

花粉症の症状は?

花粉症の患者は年々増えており、そのタイプも様々です。また、症状の重さも人によって異なります。

耳鼻科の医師のアドバイスによると、花粉症の代表的な症状は以下の通りです。

  • 透明でさらさらした鼻水がでる
  • 鼻がつまる
  • くしゃみがでる
  • 目がかゆくなる、痛い、充血する
  • 頭痛がある

など。

特に鼻づまりは、自覚症状がない場合が多く、

「味やにおいがよく分からない」
「口が渇く」
「違和感でよく眠れない」

といった症状がある場合は、鼻づまりが原因である事も多いとの事。
そしてそれらは花粉症の症状の可能性がありますよ、とおっしゃっていました。

花粉症と風邪との違いは何?

では、花粉症と風邪との違いはどういったものがあるのでしょうか。

話をうかがった医師によると、風邪とは「鼻やのどの急性炎症の総称」のことをいうそうです。

風邪の主な症状は、以下の通りです。

  • どろどろ、ねばねばとしている鼻水
  • 熱が出る
  • 鼻がつまる
  • くしゃみがでる
  • のどが痛む、咳やたんがでる

など。

鼻がつまったりくしゃみがでたりと、花粉症と風邪の症状は似ているので違いが分かりにくいすよね。
「見分け方はありますか?」と聞いたところ

「鼻水の種類ですね。」

という回答でした。

透明でさらっとした鼻水の場合は花粉症、どろっとした粘り気のある鼻水の場合は風邪の可能性が高い、といえるそうです。
もしかして花粉症かな?と思った時は、まずは鼻水の種類を確認してください。

医療機関での診断が確実で安心

花粉症は医療機関に受診を
最後に医師にズバっと言われたのが

「もしかすると花粉症ではなく、何らかの別のアレルギーが発症している可能性もあります。
早めに初期治療を始めれば、症状を軽くしたりすることも出来ますし、とにかくまずは受診してください。」

だ、そうです。

これはホント、納得ですね。
調べてみないとわからない事が多いですし、憶測で市販薬をあれこれ試すよりはきちんと原因を特定してもらった方が安心です。

実際に私の場合は、花粉症ではなくアレルギー性の鼻炎でした。
夫はアレルギー性鼻炎に加え、花粉症との診断でした。

症状が辛くなる前に、ぜひ受診してくださいね。

・・*~*~*・・

花粉症と風邪の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です