魚焼きグリル専用のグリル石が超便利!

魚焼きグリルって万能ですよね。魚を焼くだけじゃなく、焼き芋も美味しく焼けるしホイル焼きも作れちゃう。
ただ一つ難点が…。我が家の魚焼きグリルは水を張るタイプなので、調理後の片付けがめんどくさい!油が落ちてベタつくし、トレーを外す時に調理で汚れた水が跳ねるし、トレーと網を両方洗わなきゃならないし…と、とにかく面倒でした。
しかし!その煩わしさを無くしてくれたのがこれ。

魚焼きグリルのグリル石

魚焼きグリル専用のグリル石です。これを買ってからお手入れがホント楽になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

魚焼きグリルに敷く石の名前はゼオライト

グリルっ子、魚焼きグリル石、エコトクくんetc..各メーカーによって商品名は違いますが石の名前はゼオライトというそうです。脱臭、抗菌などの効果がある天然の石だそう。遠赤外線効果もあって、グリル内で美味しく焼けるって仕組みだそうです。

グリル石はどこで買える?

けっこうどこでも売ってます。ホームセンター、スーパー、あと私の大好きな100均(ダイソー、キャンドゥ、セリア)にも置いてました。
Amazon、楽天でも売ってますよー。

グリル石おすすめポイント

繰り返し使える

使用していると石が黒くなってくるので、黒くなった石は取り除きます。残りの石をかき混ぜて再度使用、っていうのを繰り返すと3・4回は使えますよ。油の多い魚だと2回位までしか使えませんが、焼き芋やホイル焼き、揚げ物の温めくらいだと1ヶ月は余裕で持ちます。我が家も取り替えてからそろそろ2ヶ月たちます(笑)

臭くならない

消臭石ってう商品名もあるほどで、水を引いて使用するのに比べて臭いがこもりません!

焼き上がりがふっくら

水を張るタイプの魚焼きグリル調理だと、湿っぽい感じになったことありませんか?グリル石だとこんがりふっくら焼きあがります。

調理後の洗い物が楽

調理後は網を洗っておしまい!扉の開閉で水が跳ねるストレスもなくなって、なんとも快適です。

グリル石注意点!!

黒くなったグリル石は必ず捨てて下さい。黒くなるのはグリル石が油を吸収するからだそうで、そのまま使用すると発火する恐れがあるそうです。(怖ッ。。)さんま等の油が多い魚や食材を調理した後は、グリル石を必ずチェックしてくださいね。

まとめ

グリル石、すごい(*´∀`*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です