ニベアの匂いが苦手?ニベア青缶+精油でアロマクリームに♪

ニベアと精油
ニベア青缶が高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と成分がほぼ一緒!と話題になり、愛用者がぐっと増えましたよね。かくいう私もその一人です。
ニベア青缶、ホントに優秀なんですが匂いが独特。主人には「昔の母親の匂いがする…」と言われてしまいました(汗)

そこで今回は、ニベア青缶に精油(エッセンシャルオイル)を混ぜてアロマクリームにしてしまう方法をお伝えします♪混ぜるだけなんですけどね(笑)
分量や使用感なども併せて紹介するので、参考になれば幸いです☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

精油(エッセンシャルオイル)を用意する

私はオイル素人なので、まず悩んだのが精油とアロマオイルの違い。どれを選べばいいのかわからない…。
そこで精油を多く取り扱っている「生活の木」の店員さんに聞いてみました。

肌に使用出来るのは100%天然の精油

精油(エッセンシャルオイル)っていう表記は、100%天然の物のみ可能なんだそうです。アロマオイルは合成香料等がブレンドされているそう。
なので、アロマオイルはアロマポットやアロマキャンドルに使用され、アロマテラピー等お肌に使用するのは精油(エッセンシャルオイル)なんだそうです。
うん、勉強になりました☆

精油の特徴にも注意

精油なら何でもいい、というわけではなく、刺激が強いものや光毒性のあるもの等、それぞれの特徴に注意して選ぶのが大事だそう。
肌荒れをおこしにくいという事から、私はラベンダーを選びました!
精油
精油初心者の方は、購入する際に店員さんに説明を受けた方がいいですよ♪

ニベアと精油を混ぜる

ニベアと精油2
精油を混ぜる時に注意するのは希釈濃度を1%以下にする、という事だそうです。これも生活の木の店員さんに教えてもらいました。

精油の希釈濃度の計算

精油1滴の量がおよそ0.05ml。
100mlに対して1%の精油は約20滴。

って事になりますね。
ニベア青缶は169gなので約170mlとすると、1%の精油は約34滴。
34滴って…多いですよね(笑)まぁそれ以上いれなければOKって事なので、お好みで加減して作ってください。

ニベア+精油の仕上がり・テクスチャ

これは混ぜる精油の量にもよると思うのですが、固くこってりしたニベアが滑らかな感じに仕上がりました。断然塗りやすーーい♪
ニベアと精油3

私はニベア缶約半分に、10滴程のラベンダー精油を混ぜたんですがとーってもイイ香り!リラックスできます。

ニベア+精油の使用感

精油を混ぜる事でクリーム自体は柔らかく滑らかになったのですが、使用感はほぼ変わらず。しっとり。
痒くなったり、プツプツが出来たりといった肌荒れも全くなかったです。

精油+ニベア=最高♪

・・*~*~*・・

精油の種類と量さえ気を付ければ、ニベアと精油で最高のアロマクリームが出来ちゃいます。
ニベアの匂いがどうしても苦手、っていう方はぜひ試してみてくださいね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です