インフルエンザ、何日休む?会社は?保育園は?

インフルエンザ
先日、主人の同僚がインフルエンザを発症し3日ほどで仕事に復帰したそうです。
「早いでしょ!?」と主人につっこむと「ふつーに元気だったよ?」と。。

そういえば…インフルエンザにかかったらどのくらい休めばいいかなんて具体的にわからない…。と、思い調べてみました!小児科の先生にも聞いてみました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

厚生労働省が具体的な日数を掲示しています

こういう時は厚生労働省のホームページだよねーっと検索すると、あっさり見つかりました!抜粋すると

・ウイルスを排出している間は外出を控える
→ウイルスを排出するのは発症前日から発症後3~7日間といわれているそうです

・発症後5日経過、かつ解熱後2日(幼児は3日)
→学校保健安全法による出席停止期間

参考:インフルエンザQ&A|厚生労働省

法律で定められているなんて知りませんでした!
こういう風に具体的日数を掲示されると分かりやすくていいですよねー☆

先日娘が鼻風邪になった際に小児科の先生にも聞いてみたんですが、やはり同じ事をおっしゃっていました。
法律で決められた登園禁止期間うんぬん抜きに、小さい子は熱が下がっても一週間は体調の変化を細かく気を付けてみてあげてね、という事でしたよ☆

インフルエンザの出席停止期間の数え方

インフルエンザ2
発症後5日経過かつ、解熱後2日(幼児は3日)

上記の「発症」は「発熱」を指すそうで、発熱の翌日を1日目と数えるんだそうです。
なので、熱が1日で下がったとしても発熱日+5日になるので、最低でも6日間は会社・保育園・学校を休まなければいけなくなりますね。

解熱も「発症」と同様に、熱が下がった日は日数に数えず翌日を1日目とするそうなので注意が必要です。

うーん…
日数が掲示されているのでわかりいやすいと思いましたが、「発熱・解熱共に翌日を1日目と数える」っていうのをちゃんとわかってないと勘違いしやですね(汗)

ちょっとややこしい「出席停止期間の数え方」について、とてもわかりやすいく説明されているサイトがあったので参考にして下さい☆

→幼稚園児・保育園児の出席停止期間の数え方

→小学生以上・大人の出席&勤務停止の数え方

・・*~*~*・・

インフルエンザは安易に外出したり、出勤・登校・登園をすると蔓延してしまいます。しっかりと治す事が重要ですね。長期間引きこもるのは辛いですが(泣)

インフルエンザにかかってしまった方は、お大事に。
かかっていない方は、ぜひ予防を心がけてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です