育児本より育児漫画!パパにも読んでもらえて、救われた一冊

育児漫画
育児まっただ中の皆様、本当にお疲れ様です!
m(_ _)m

出産直後、新生児の我が子に頭を悩ませる事も多く、育児本にあれこれ手をだして育児本ストレスに陥っていた私。育児本通りにいかなくてイライラする毎日でした。
買う→読む→イライラ→新たに買う…悪循環(泣)

そんな私が救われたのが、育児漫画!
これは好みにもよりますが、私には育児本より育児漫画が合っていました。

今回は、なぜ育児漫画がオススメなのかという事と、実際に購入して未だに愛読している一冊をご紹介したいと思います。

少しでも皆さんの気持ちが楽になりますように!!!!!
(心からの叫び)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

育児漫画がオススメな理由3つ

何より読みやすい

活字だけを何ページも読んでいくのは疲れますが、漫画だとスイスイ読めます。
育児本だと「学ぶぞ!読むぞ!」って構えてしまいがちですが、漫画だとリラックスして読めますよ☆

共感する、という安堵感

育児本を読むと、「こうするといい」「これがよくない」っていう風に指示・提案があり、それを実行してみるっていうパターンが多いと思います。
育児ストレスから解放されたくて藁にもすがる思いで実行し、出来なかった、思うようにいかなかった…となると更なるストレスになりますよね(泣)
あー…私も本当にそんな状況でした。

漫画本だと、実際の育児記録である事が多いです。ほんと、リアル。
日々感じている大変な「育児あるある」を、コミカルに表現しているんですよね。気が抜けて、笑える。共感して涙する。

私だけじゃないんだ、っていう安堵感。
これで本当に救われました。

パパも読んでくれる

「これ読んで!」と言って育児本を差しだしても、大抵のご主人はきっと面倒がると思うんですよね。
でも育児漫画だと、本に比べて読んでくれる確立高し!私の主人もそうでした(笑)

里帰り出産でまだ実家にいる頃、私がすごーーく救われた育児漫画を送ったんですね。
そしたらすぐに読んでくれたらしく、「今置かれている状況が手にとるようにわかった…大変だね、ありがとう」と言ってくれました。
わかってもらえる安心感は、とてつもなく救いになりますよ!

私が救われた育児漫画はこれ

ママはじめました
ママはじめました。
著者:明野みる
出版社:晋遊舎

一気に読み終え、泣いて、また読んで…と、本当によく読みました!
出産して2ヵ月もたたないうちに購入したんですが、娘が1歳をすぎた今でも時々読み返しています。
育児中はどうしてもイライラしてしまいがちなので、そんな時はこの本を読み返して気持ちを落ち着かせる!っていう感じですね。

Amazonの商品ページで表紙の画像をクリックすると、ちょっとだけ中身が読めますよ♪

ママはじめました

→Amazon「ママはじめました。」

で、ページの下の方にいくとこんな感じで同じような育児漫画がずらーっと出てきます。

ママはじめました2

お好みの育児漫画を一冊持っていると、精神的お守りになってイイですよ☆

・・*~*~*・・

振り返ると、育児本ストレスにハマってしまっていた頃は本当に辛かったです(泣)
もちろん!人によっては育児本の方が好みという方もいますし、否定もしません。素晴らしい本もたくさんあります。

ただ、「育児本通りにいかない」「この本はダメだったから次はこれで…」等、育児本ストレスにハマっている方が抜け出すキッカケになればと思い記事にしてみました。

育児でお疲れのママ達が、「クスっ」と笑ってくれればいいなぁと思います☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です