島バナナの食べ方・食べ頃☆こんな感じまで待って!【写真】

島バナナ
独特の味がクセになる島バナナ!濃厚でクリーミーで絶品です♪
ただし食べ頃を間違うとただ酸っぱいだけなので注意が必要!

そこで今回は島バナナの食べ頃についてご紹介します。
じっくり待つことがポイントですよ☆

スポンサーリンク

島バナナは吊るして追熟させる

島バナナは青い状態で収穫されます。こんな感じ。

島バナナ5

これを紐で吊るして、常温で追熟し食べ頃を待ちます。
島バナナが全体的に黄色く色づいてもまだ食べ頃ではないので、色づいてから2~3日は待ちましょう!

「島バナナは美味しくない」と言っていた本土の友人がいたんですが、熟れきっていない状態で食べていたようです。
熟したものを再度食べてもらうと、びっくりしていました(笑)味が全然違います!

皮が黒ずんできたら食べ頃!

いわゆるシュガースポットってやつですね。所々、黒ずんできます。
でももうちょっと待って!!!この状態だとまだ早いです。

島バナナ4

ここからさらに追熟させて、黒い斑点が広がるのを待ちます。
そうすると、さらに実が柔らかくなって甘さも増します。こんな感じまで待ってください。
島バナナ3

さわると実が柔らかくなっているのがわかります。
このくらいまで黒い斑点が広がって、房からポロッと簡単に取れると食べ頃です♪

皮が薄く、実がもっちりで酸味があるのが特徴

食べ頃の島バナナは見た目が悪く、腐っているのでは!?と心配される方もいますが大丈夫。

黒くなった島バナナを剥いたらこんな感じです。

島バナナ2

傷んでいないし、キレイですよね♪

食べると実がもっちりで、普通のバナナにはない酸味があります。ホント濃厚で独特な味!
島バナナ6

見た目はモンキーバナナに似ていますが、味は全然違います。
手に取る機会があれば、一度食べてみてほしいです!

島バナナはどこで買える?

沖縄だと、島バナナを庭から収穫する方も多く(庭に木が生えている)、購入して食べるという沖縄県民は少ないです。なので、スーパーではほとんど見かけません。

島バナナの時期は5月~10月なので、その位の時期にお土産品店や道の駅で販売されています。ただし高い(泣)
家庭の庭に生えている事も多い島バナナですが、台風でダメになってしまう可能性が高いため、販売目的で栽培する農家が少ないんですよね。
だから市場に出回っているものはどうしてもお値段が張ってしまう…。一房で1000円ほどします。

通販でも買えますが、びっくりするお値段(笑)
楽天でも販売されていて、一房で2000円~3000円はしますね。驚き!
→楽天の島バナナ価格

沖縄県内で購入しても高いですからね…通販だとこのくらいになっちゃいます。
沖縄出身の友人がいる方は、庭に島バナナがないか聞いてみましょう!
わけてもらったほうがお得です(笑)

島バナナに偽物が!?

観光の方向けに、お土産品店等で偽物の島バナナが売られている事もあるそうです!
実際に私も一度、「これ島バナナかぁ?」っていうのが売られているのを見た事があります。…沖縄出身者としては悲しいやら恥ずかしいやら。。。
見分けるのが難しいですが、購入する際は気を付けて!
近くに沖縄のおじいやおばあがいたら、「これ本物の島バナナですかね?」って聞いてみてください。きっと教えてくれます(笑)

・・*~*~*・・

希少な島バナナ。入手したら食べ頃をミスらずに、しっかりじっくり追熟させてくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です