パウンドケーキの失敗例。原因とコツを知ればしっとりフワフワ♪

パウンドケーキ
誕生日にバレンタイン・クリスマス…何かとパウンドケーキを焼いています。

混ぜるだけだし簡単♪
…と、今でこそ言えますが、失敗を重ねて試行錯誤の末上手に焼けるようになりました(笑)

そこで今回はパウンドケーキの失敗例と原因、失敗しないコツについて書いていこうと思います。
プロに教わった技もありますので、パウンドケーキがうまく焼けない!っていう方の参考になれば幸いです☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パウンドケーキの失敗例と原因、その対策

私が実際に試して上手くいった方法をご紹介します♪

ドライフルーツ等、混ぜ込む具が沈む

フルーツパウンド
生地に混ぜ込む前に、粉をまぶしてください。
全体的に混ぜ合わせた後、あまりにも粉っぽかったら余分な粉は払い落して、軽くぎゅっと握っていくと粉が馴染んでくれます。

洋酒漬けのフルーツ等を混ぜ込む場合は汁気をきっちり取ってから粉をまぶして下さい。
あとあまりにも具が大きいとどうしても沈んでしまいますので、小さめにカットしてから混ぜると沈みにくいです。

側面がへこむ

パウンドケーキが焼きあがって冷ましていると、側面がへこんできた!という経験ありませんか?
私、たまーにこうなってたんですよね。。
で、パティシエの方とお話する機会があった際に聞いてみたところ、立てて冷ますんじゃなくて横に倒して冷ますといいと教わりました!
早速実践すると、側面がへこむ事なく見事に大成功!

パウンドケーキの側面をへこませない
ときどき逆向きにして下さいねーとおっしゃってたので試したところ、キレイな形をキープしたまま冷めてくれました☆

ふんわり膨らまない

cake-87677_1280
バターをしっかり混ぜて空気を含ませる事が大事です!
白っぽくなるまでしっかり、空気を含ませる感じで混ぜていくとふわっとした軽いバターになります。

ヘラ等で混ぜるのではなく、ホイッパーで混ぜてくださいね。
空気がよく入ります☆

きれいに割れない

パウンドケーキきれいな割れ目
パウンドケーキは真ん中からキレイに割れてこそ成功!って感じですよね。
でも、オーブンのクセ等でどうしてもきれいに割れない事があります。(火力が強い部分から割れていくそうです)

焼き始めて10分くらいして表面がすこし乾いた状態でいったんオーブンから取り出し、包丁で真ん中にすーっと切れ目を入れると真ん中からキレイに割れてくれます☆
この方法を教わって試してからというもの、割れ目がいびつになる事なくストレスもありません!

しっとりした食感にならない

ベーキングパウダーを使わないレシピで焼くといいです。
→しっとりパウンドケーキのレシピ

パウンドケーキって、ベーキングパウダーで膨らませるレシピと、バターと卵の力で膨らませるレシピがあります。
それぞれのレシピで何度も焼いていますが、ベーキングパウダーを使用しない方が断然しっとりします。ホントしっとり。
フワフワの食感が好みならベーキングパウダー使用のレシピで、しっとり感を求めるならベーキングパウダーなしのレシピで作って下さい。

あと、焼きあがったら熱いうちに型から出して表面と側面にシロップをうち、まだあったかいうちにラップでぴっちりくるんで冷まします。
※「シロップをうつ」とは、ハケでシロップを塗りこむようにポンポン叩きこみながら塗っていく作業です。

シロップを打つのは省いてもいいですが、やっぱり打った方がしっとりします。

焼きあがって型からすぐ出すやり方と、荒熱が取れてから型から出すやり方がありますが、私はすぐに型から出します。
予熱で火が入りすぎるとどうしてもパサついてしまうので。
紙の型を使用する場合は、型に入れたまま冷ましてOKです!

一晩置くとよりしっとりになるので、パウンドケーキは寝かせて食べるのがオススメ。
個人的には焼いてから2・3日目が好きです♪

・・*~*~*・・

パウンドケーキは日持ちするので、プレゼントにもオススメです!
皆さんが上手に焼けますように☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です