ねんりん家。しっかり芽とやわらか芽を食べ比べて画像付で口コミ

しっかり芽とやわらか芽
バームクーヘン好きの間では鉄板の「ねんりん家」。
私も大好きです!ホント美味しい♪

そんなねんりん家の「マウントバーム しっかり芽」と「ストレートバーム やわらか芽」を改めて食べ比べてみたので、画像付きで口コミしてみました。
どっちを購入しようか…と迷っている方の参考になれば幸いです☆

スポンサーリンク

しっかり芽とやわらか芽を比較してみた

いつもどちらか一方を購入して食べてたんですが、今回は食べ比べなので(食べたかっただけ)両方が味わえる「ちいさな結び芽」を購入。
しっかり芽の特小と、やわらか芽の特小が1つずつ入って1080円。(※2014年10月)
特小サイズは箱サイズで12×12×3.5㎝。なのでお値段的には普通のバームクーヘンに比べてすごくお高いです(笑)
でもその分美味しいんですよー。

見た目を比べてみる

まず、しっかり芽。
しっかり芽
その名の通り、しっかりした感じ。どっしり感があります。ゴツゴツしたビジュアルが、ほんとに木の年輪みたい。

周りは白いお砂糖でしっかりコーティングされています。

こちら、やわらか芽。
やわらか芽
こっちも名前の通り柔らかさが伝わるビジュアル。ふんわりした感じです。
しっかり芽とは違って、周りのお砂糖は軽くまぶしてある感じ。

アップにしてみました。
しっかり芽アップ
しっかり芽は生地が固めなんだろうなーというのが、見た目からわかります。

やわらか芽は生地の層がしっかり芽に比べて細かいです。
やわらか芽アップ
切り口もふわっとした感じ。

食べ比べてみる

しっかり芽は、フォークを入れるとサクっとした感じです。バームクーヘンじゃないみたい!
しっかり芽を食べる
味は濃厚で間違いない美味しさ。食べ応えのある生地で、コーティングされた砂糖はカリっとしています。
しっかり芽切り口
生地は見た目と違ってボソボソ感はなくしっとり。生地自体は甘すぎることなく、風味とコクがあってしっかりした味わいです。
外側の砂糖のカリカリとした食感もよく、うまーい!

ただ、これは好みが分かれると思います。
というか、分かれます。

よく、東京土産でねんりん屋のバームクーヘンを購入するのですが、コーティングされた砂糖が甘すぎる!という方も結構いらっしゃる。。
逆にこの砂糖がイイ!という方も多いので、甘いのが苦手な方にはやわらか芽の方がオススメです。

そしてそして、やわらか芽。
やわらか芽を食べる

フォークを入れるとほんとフンワリ。ふわふわ。
食べた感じもふーんわりで、バームクーヘンのしっとりした食感はなくホントふわふわ。
上品な甘さでしつこくないので、いくらでも食べれちゃいます。
やわらか芽切り口
キメが細かいの画像で伝わりますか?
ねんりん家が「バームクーヘンのカステラ」と表現してるのが納得できる味と食感です。

ほんとに美味しいんですが…こちらもしっかり芽と同様、意見が分かれるんですよね。
バームクーヘン好きの友人は「バームクーヘンではない」と、バッサリ(笑)
私も同意見で、バームクーヘンとして食べると「?」ってなっちゃいます。バームクーヘン独特のしっとりした生地の食感がないので、物足りなく感じてしまうのが正直なところ。

ただやわらか芽派も多くいて、沖縄に帰省する際の手土産は「やわらか芽で!」と自らリクエストしてくる友人が2名います(笑)
私の両親もやわらか芽派。叔母や祖母もやわらか芽派。
年配の方にはやわらか芽がいいかもしれません。

まとめると

バームクーヘンの食感と濃厚さを求めるならしっかり芽。
バームクーヘンではない程の、ふんわり感と上品な甘さを求めるならやわらか芽。

という感じでしょうか。
迷ったら、今回私が購入した両方味わえる詰合せの「ちいさな結び芽」を選ぶといいと思います。

ねんりん家は通販で買えない

買い物代行サイトでは取り扱っているようですが、公式には通信販売はしていません。
美味しのになぁ…残念。

デパート等に入っている店舗では、店頭で発送を受け付けてくれます。

・・*~*~*・・

しっかり芽とやわらか芽の違い、伝わりましたでしょうか。
今回改めて食べ比べてみて、ホント美味いなーと思いました、ねんりん家さん!

ちなみに一人で食べたわけじゃないですよ(笑)
主人と娘と頂きました。ごちそうさまでした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です