スナックパインの食べ頃・食べ方。緑と黄色を食べ比べ

スナックパイン

手でちぎって食べられるスナックパイン。食べ頃がわからないという声をよく聞きます。先日、地元沖縄からスナックパインが届いたところなので、食べ頃と食べ方をご紹介しまーす♪

スポンサーリンク

スナックパインは出荷時点で食べ頃になっている

生産者の方に直接話を伺った事があるんですけど、パイナップルは追熟しないので、きちんと熟すのを待ってから収穫するそう。熟しているので日持ちもあまりしないことから、購入したらできるだけ早めに食べるのがおすすめだそうです。すぐ食べない場合は冷蔵庫に保存して5~7日以内に食べたほうがいいとおっしゃってました。

黄色と緑色、熟し方が違うわけではない

スナックパイン、個体差で色の違いが結構あって、黄色いのと緑色のものがあります。
黄色いのがこちら。

黄色いスナックパイン

緑色のはこんな感じ。

緑色のスナックパイン

なんとなく、黄色い方が熟して甘そうな気がしますよね?でも熟し方に違いはないそう。熟していると判断してから収穫しているから、緑色でも実は完熟している、と生産者の方がおっしゃってました。

黄色と緑色を食べ比べてみた

スナックパイン食べ比べ

左が緑、右が黄色のスナックパイン。見た目じゃ違いわかりませんよね。で、食べました。両方。

結果どっちも美味しかったです!黄色い方は、カットしてる時に皮がやわらかく感じましたが、実はどちらも甘くてホント美味しい♪生産者の方がおっしゃるとおり、緑色のスナックパインもきちんと完熟してました。

スナックパインの食べ方

スナックパインと言えば手でちぎって食べるのが有名ですよね。ちぎって食べる場合は、下の固い部分を切り落としてから、粒をもぎ取るように実を取っていきます。

スナックパイン

ただ、この食べ方…個人的にはあまり好きじゃありません。実際やってみるとお分かり頂けると思いますが、かなり面倒です(笑)ちぎって食べるのが醍醐味だ!というこだわりがない場合は、包丁で普通にカットして下さい。

芯まで食べられるので捨てないで!

手でちぎって食べ進めると、芯が残りますが食べられます。スナックパインは芯も柔らかくて甘いんですよ♪なので、残った芯はかじって食べてください(笑)
包丁でカットする際も、切り落とした芯も食べちゃって下さいね。
私は芯の方が好きです。サクサクして美味しいですよ!

スナックパインの芯

食べ過ぎると舌や口の中がピリピリする事も

これはスナックパインに限らずですが、パイナップルには酵素が含まれています。たくさん食べると酵素の力でピリピリ感じる事もありますが、時間がたつと自然に消えるので大丈夫です。
分かっていても、つい美味しくてピリピリするまで食べちゃう私。。

まとめ

スナックパインは出荷時にはもう食べ頃。手に入ったら、早めに芯まで食べ尽くししょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です