鍋ダイエットの効果と成功したコツ!お腹いっぱいでストレスなし

鍋ダイエットの効果と成功したコツ
娘を妊娠中、体重管理と主人のダイエットも兼ねて鍋ダイエットを実践した結果、主人はマイナス5㎏!私は出産まで+7㎏の体重増加で済みました。(実践3ヵ月)

お腹いっぱい食べられて妊婦の栄養管理&体重管理にも最適な、鍋ダイエットの効果と成功したコツをご紹介します。
食べる量の制限がないので、ストレスなしでオススメです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

鍋ダイエットの効果

鍋ダイエットの効果

たっぷりの野菜で便秘解消

お鍋にする事で野菜をたくさん摂取できます。
きのこ類や葉野菜、根菜を無理なく食べる事ができたので便秘解消になりました!

バランスよく栄養が摂取できる

野菜や豆腐、お肉、魚介を一度に食べられるので、栄養のバランスもバッチリ!
たくさんの具を入れる事で、妊婦時の体重管理だけでなく栄養面でもすごく役立ちました。
基本、具材をお鍋にどさっと入れて煮込むだけなので、時短でお手軽なのもオススメポイントです。

また、具に小松菜やほうれん草をたっぷり加えると鉄分が摂取できて貧血予防になります。
切干大根・ひじきをみじん切りにしてつみれに加えても鉄分補給になるので、妊婦さんには特にオススメです♪

鍋ダイエット成功のコツ

鍋ダイエットといっても、鍋ならなんでもいいというわけではありません。
コツを押さえてストレスフリーで減量しましょう!

油分の多い食材はさける

例えば油揚げや厚揚げ。
鍋の具としては美味しいですが、どうしても油分が多いです。
厚揚げではなく豆腐を使用し、油揚げを入れる場合は油抜きをしっかりしてください。

またお肉の選び方にもポイントがあります。
豚バラは油分が多く高カロリーですし、鶏皮も同じくカロリーが高いです。
豚肉を使用する際は出来れば肩ロースかもも肉を選び、鶏肉は皮を取り除いて使用してください。
鶏肉なら胸肉・ササミがカロリーが低くオススです☆

タレは意外と高カロリー!

市販のタレは思った以上にカロリーが高い事が多いです。
特にごまダレは高カロリー!美味しいんですけどねぇ。。(泣)
市販のタレを選ぶ際はノンオイルの物を選んでください。
サラダのノンオイルドレッシングもお鍋に合いますよ☆
また、ポン酢やレモン汁で食べるのもオススメです。

タレ等は一切使わず、お鍋に薄く味付けをして食べてるのもGood!
ただし、あまり味を濃くしすぎると塩分の取りすぎになってしまうので注意が必要です。
生姜や唐辛子等で味にパンチをつけると、薄味ながらも美味しく頂けますよ☆

食材と味付けは偏らない様に

同じ味付け・同じ食材だと、どうしても栄養が偏ってしまいますし飽きてしまいます。
無理のない程度でかまわないので、食材と味付けは日々変えるようにしてください。

例えば白菜をキャベツに変えたり、小松菜をほうれん草に変えたり、お肉をお魚に変えるだけでもいいです。
また、ポン酢も大根おろしを加えておろしポン酢にしたり、おろし生姜や梅肉を叩いた物を加えたりするだけで味に変化が出せます☆

鍋のシメに一工夫

鍋ダイエットのコツ
鍋のシメを無しにして炭水化物を取らないと、どうしても満足いかない事もありますよね。
そこでシメに一工夫!

雑炊にする場合は、たっぷりのお野菜を足してください。
野菜を足す事で、使用するご飯の量を減らしてもボリュームのある雑炊になります。
オススメはきのこ類。きのこのダシが効いて美味!

麺でシメる場合はしらたきを活用!
麺を半量にして半量をしらたきに変えます。
これでカロリーダウンになりますし、麺としらたきを違和感なく美味しく食べられます。
この時も雑炊と同様、野菜をプラスすればさらに満足&満腹です☆

・・*~*~*・・

鍋ダイエットの効果と成功したコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?
材料と味付けに少し気を遣うと、鍋ダイエットの効果がグンと上がり無理なく減量に成功できます!

皆さんが健康的にダイエットできますように☆
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です