ヘナで染めるとこんな色になりますよ、ってお話とかコツとか注意点

天然素材で白髪染めとしても人気のヘナ。
実際染めるとどんな色になるのかを、美容室経営の叔母をモデルに写真で紹介します。
あとコツとか注意点なんかもまとめてみました♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ヘナで白髪染めしたらオレンジ色になります

ヘナ

かなりはっきりとした明るいオレンジと、ダークブラウンが混ざってますよね?
天然ヘナ100%だと、白髪はオレンジ色に染まるんです。

写真は

白髪染めのカラーをして1か月程経過した髪に、天然ヘナ100%で染めた仕上がり

です。
はっきりとしたオレンジは、伸びてきた白髪部分、ダークブラウンはカラーで染まっている部分です。

白髪にははっきりとしたオレンジが発色し、カラーした部分は色味が変わる程度、という仕上がりになります。

ヘナで上手に染めるコツ

大まかでいいので髪をいくつかに分けて、それぞれの束毎に塗り進めていくと、まんべんなくヘナを塗りやすいです。
ヘナを塗りこむように、指で揉みこみながら塗っていきます。

セルフの白髪染めのように、神経質にならなくても大丈夫!
全体的にべったり塗りこんで、根本は頭皮を揉むように、すり込む感じで塗ってください。
塗り終えたらラップをして2~4時間ほど放置します。

ヘナ

ラップした後にヘアキャップやタオルで頭を覆い、さらにドライヤーで温めると尚いいです。
ヘナって温めると染まりがよくなるんですよ♪

ヘナの注意点

ふつうの白髪染めでかぶれたからヘナで!という方も多いですが、天然素材だからって誰にでも合うわけじゃないです。
植物アレルギーのある方はかぶれてしまいます。

心配な方は必ずパッチテストを行ったほうがいいですよ!

また、ヘナは染めてから2日ほどは匂いが残ってしまいます(泣)
さらに数日は色落ちする事が多いので、帽子や衣類に色がつかないように気を付けなければいけません。

全てのヘナが天然100%ではない

最初の写真で紹介したように、天然ヘナ100%だとオレンジ色に染まります。
暗めの色や「黒く染まる」とうたっているヘナは化学染料が入っている事もあるので、気になる方はパッケージで成分を確認してください。

まとめ

ヘナをおすすめ出来ない方

  • 染めた後、数日の色落ちや臭いがイヤな方
  • 一度でしっかりと白髪を染めたい方
  • 短時間で染めたい方
  • 植物アレルギーの方

ヘナをおすすめする方

  • 染めた後、数日の色落ちに対応できる方
  • ふつうの白髪染めだとかぶれてしまう方
  • 根気よくヘナを使い続ける事が出来る方
    (使い続けることで色も定着しますし、1度だとトリートメント効果を感じられない事もあるので)

というわけで、ヘナはメリット・デメリットをしっかり把握して使用しましょー、ってお話でした♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です