沖縄に来たら買ってみて!ビーフシチューの缶詰「ストゥー缶」

ストゥー缶

本土ではストゥー缶が売っていない…東京に住み始めて知った事実です。美味しいのになぁ、なぜ全国区じゃないんだろう。今回は食卓にもよく上がる、沖縄県ではメジャーなストゥー缶をご紹介します♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ストゥーとはシチューのこと

アメリカ兵の発音する「シチュー」を、沖縄の人は聞いたまま「ストゥー」と言っていたそうです。他にもアイスウォーターのことを「アイスワーラー」って言ったり、ツナを「トゥーナー」って言ったりします。本土の人が聞くと「?」ってなっちゃいますよね(笑)

ストゥー缶は2種類ある

沖縄には、2種類のストゥー缶があります。
まずこちら

ホーメルビーフシチュー

沖縄ホーメルのビーフシチューです。
で、次がこちら

メイフェーア

メイフェーアのビーフ&ベジタブル。
沖縄ホーメルのビーフシチューは県産品でメイフェーアのビーフ&ベジタブルは輸入品です。どちらも1つ200円~300円くらいですが、特売だと200円きることも♪
ホーメル派かメイフェーア派か、これは好みで分かれます(笑)ちなみに私の実家では、メイフェーアのビーフ&ベジタブルが料理に使われてました。

ストゥー缶の中身は?

缶を開けるとこんな感じです。
メイフェーア中身

結構ゴロゴロ具が入ってますよ!
メイフェーアアップ

原材料の表記です。
メイフェーア原材料

原産国はオーストラリアなんですね。てっきりアメリカだと思ってました。

ストゥー缶の食べ方いろいろ

缶の側面にレシピが載ってます。

メイフェーアレシピ

このレシピの他、各家庭によって食べ方はいろいろで、ヘチマを入れたり豆腐を入れたりします。シチューに豆腐(笑)合わなさそうですが、美味しいですよ♪
私の母はキャベツ、玉ねぎを入れてよく食卓に出してました。
メイフェーア料理
今でも帰省すると、これが出てきます。懐かしー、そしていつ食べても美味しー!

まとめ

いかがでしたか?ストゥー缶、食べたくなりましたか?(笑)
ご自身で食べてみる他、変わった沖縄土産にするのもイイと思います。ぜひ、一度食べてみてくださいねー♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です