那覇マラソン初参加なら必見!知っとくべき裏情報!

NAHAマラソン画像提供元:那覇市

沖縄の大イベントNAHA(那覇)マラソン!
他のマラソン大会とは大きく違う点もあり、初参加された方々から色んな声が聞かれます。

そこで!今回は那覇マラソンに初参加・初出場される方が知っておくべき裏情報をご紹介します。オフィシャルサイトには載っていない事ばかりですよー。
出場経験がある方も、おさらいで見ておいてくださいね♪

スポンサーリンク

那覇マラソン前日の注意点

選手受付は出来るだけ前日に済ませる

県外から参加される方は、飛行機の関係でどうしても前日受付に間に合わない方もいらっしゃいますが、間に合う方は前日のうちに選手受付を済ませた方がいいです!
当日の選手受付はとーーっても混みあっていますよ!前日もかなり混んでいますが、レース前にバタバタするよりだいぶいいかと思います。

選手受付会場は壺側駅が近い

選手受付会場の県立武道館アリーナ棟は奥武山公園内にありますが、モノレール降車駅は奥武山公園駅よりも壺川駅の方が近いです。

那覇マラソン前日の道路は大渋滞

当日の渋滞を心配されている方が多いですが、前日も国道58号線は大渋滞です。
前日に選手受付を済ませる方が、会場に一気に押し寄せるからなんですね。
のんびりしていて受付時間に間に合わなかった!という事がないように、車で受付に向かう方は気を付けて下さい。

那覇マラソン当日の注意点

那覇マラソン

会場へはなるべく徒歩で

那覇マラソン当日は、道路だけでなくモノレールも大混雑です。
滞在が会場から徒歩30分圏内位なら、ウォーミングアップも兼ねて徒歩で向かうのがおすすめです。
実際に多くの参加者が徒歩で会場入りしています。

当日の選手受付は混む!

当日は選手受付がとにかく混んでいます。朝6時から受付を開始しているので、時間に余裕を持って行かれたほうがいいです。

関門規制を必ずチェック

意外なことに関門規制をチェックしていなかった、という初参加の方が多いです。

21.3km地点…午後12時15分
34km地点…午後2時10分

こちらの制限時間を頭に入れて大会に挑んでください!

スタートロスを計算する

那覇マラソンのスタートは最後尾だと20分以上、時には30分近くかかる事も!
制限時間ギリギリの方はスタートロスも頭に入れて、時間配分してください。

給水・給食の心配なし!

那覇マラソンはとにかく私設エイドが充実しています。初参加の方は大変驚かれ、感動しています!(大げさじゃないですよー)

公設エイドは水の給水ですが、私設エイドではスポートドリンク、ヤクルト、お茶、炭酸飲料などが揃っています。あと、パック式のドリンクを丸ごと1つとか珍しくないです。
捕食もゼリーや飴、黒砂糖、ばなな、おにぎり、沖縄そばと、とにかく食べきれないほど!

なので、給水ポイントを計算して~…という心配はいりません。

私設エイドの差し入れに注意!

これは好み・個人差にもよりますが、「これがキツかったー」っていう意見が聞かれたものをご紹介しますね。

・サーターアンダギー
・タンナファクルー
・亀の甲せんべい
・沖縄天ぷら

どれも口の中の水分を持って行かれたそうです(笑)
タンナファクルーとは本土でいう「丸ぼうろ」のようなもので、亀の甲せんべいはその名の通りごつごつしたせんべいです。
口の中が渇くのはちょっと…という方は避けたほうがいいですよー。

・・*~*~*・・

いかがでしたでしょうか?
オフィシャルサイトには載っていない那覇マラソンのあれこれを紹介してみました。
当日、沖縄県民のこれでもかというくらいのおもてなしを楽しんでください!

完走を目指す人もそうでない人も、皆さんが無事走り切りますように☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です