年賀状に子供の写真、ちょっと待った!!それ迷惑かも…

子供の写真入り年賀状
我が子は可愛いですよね。写真も普段から撮りまくり。で、厳選したベストショットを年賀状に♪っていうご家庭多いのではないでしょうか。我が家もそうです。

でもちょっと待った!!!!!

写真の使い方や送る相手、見直した方がいいかもしれません。気を付けないと反感買うかも…怖っ。。
今回は、年賀状に子供の写真を使う際の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

写真入り年賀状を送ってもいい相手

親・身近な親戚

孫の写真は喜ばれますし、身近な親戚もまず「迷惑」とまでは思わないはず。
子供の成長報告を兼ねて手書きメッセージを添えるといいですね。

子供がいる友人

もうこれは、「我が子自慢」にお互い付き合う感じでいいのではないでしょうか(笑)
相手も我が子のベストショットを選んでいると思うので、会った時に「あの写真可愛かったねー」の一言が喜ばれます。

子供と面識がある仲のいい友人

普段からよく会っていたり、子供の事を可愛がってくれる友人なら送っても迷惑がられないと思います。
「いつも○○(子供の名前)の相手してくれてありがとう」等、手書きのメッセージを添えるのをお忘れなく。

写真入り年賀状がマナー違反になる相手

上司などの仕事上の付き合いの相手

会社の同僚や取引先に写真入りはやめましょう。ビジネス用は分けて作成、これ鉄則ですね。

子供と面識がない疎遠な友人

なんとなく、年賀状のやり取りだけの付き合いになっている友人っていませんか?こういう場合も写真入りは避けたほうがベター。
「興味がない」っていうのは本音らしいですよ(泣)…まぁ、そうですよね。
出産報告を兼ねるなら手書きメッセージに一言添える程度でいいのではないでしょうか。

迷ったら子供の写真は使わない!

プライベートを知る間柄の場合、相手が不妊治療に通っていたり離婚の事でもめていたり…っていうケースもありますよね?
そんな感じで「この人には…」ってちょっとでも迷ったら写真は使わない方がいいです。迷ったら写真なし!でいきましょう。

子供の写真より家族写真

家族写真
おじいちゃん&おばあちゃんは孫の写真だけで全然OK!
ただ、友人等は子供よりも本人が元気にやっているか、の方が気になるところ。
出来れば子供の写真だけでなく家族写真を使った方がいいですね。

子供の写真だけアピール、はNG

子供の写真だけドーンと大きい年賀状、ありますよね?気持ちはわかりますが、やめておきましょう。
「新年のご挨拶」が目的なので、ただの子供アピールはがきにならないように気を付けて!
もちろん、手書きメッセージも忘れずに☆

・・*~*~*・・

年賀状は親バカぶりが発揮される(私も・笑)ので、相手に失礼のないように気を付けましょう。

参考になれば幸いです☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です